触れないけど、なぜか食べられる「ナマコ」

私はナマコが大好きなのですが、水族館だったり、海だったりにいるナマコにはどうしても触れません。丸くてブニブニした感じのするのを想像しただけで悪寒が走ります。
けれど、そのナマコが切って料理として出てくると、コリコリした食感とポン酢と絡んだ時の何とも言えない味にいくらでも食べてしまえそうな気になります。
そのため、スーパーで売られているナマコを見たとき、まるごと入っているものは袋に入っていても触りたくないのですが、調理してある切ったナマコに関しては平気で購入してしまいます。
元は同じものなのになんでだろうと自分でもいつも不思議に思っています。
ナマコを食べられるのは調理してくれる人がいるからこそ。ナマコを調理してくれる人に感謝です。永久脱毛を熊本でしたい人におすすめ情報です