食べることのできない唯一のキノコ

しいたけ。
あの独特の香り。
噛みしめたときにぶわっと広がる香り。
香りから連なってくる深みのある味わい。
煮て良し干して良し焼いてもよし。

そんな万能な食材がどうしてもいただけない。
キノコが嫌いなわけではない。
なめこはそこまで好きでもないが割とメジャーなキノコは普通に食している。

しいたけ。
彼だけはどうしても受け付けることができない。
茶碗蒸しのふたを開いた瞬間、しいたけのダシと思われる香りがふわりと漂えば即座にふたを閉じてしまう。

最近では知人各位に「過敏にもほどがある」と言われるほどしいたけの香りを察知する能力が高まることとなり、
鍋にしいたけを入れたい、BBQでしいたけを焼きたいという夫と
日夜攻防を続けている。しいたけ臭の漂う鍋なんか食えぬ……。TBCのスーパー脱毛は効果あり